手の乾燥

手は冬だけでなく、夏も乾燥しているときがありませんか。

手の乾燥の1番の原因が水仕事をすることです。
ただ手を水に洗うだけなら夏なら乾燥することはそんなにありません。
しかし、食器を洗うときなどに使う洗剤が皮膚の水分を奪ってしまいます。
そのため乾燥してしまうのです。
そして、冬はお湯を使うことも多くなります。
お湯の温度が高いと必要な水分&油分が一緒に流れてしまうためさらに乾燥します。
水仕事は1年通して手を乾燥しやすくしています。

 

水仕事での注意点

水仕事が1番手を乾燥しやすくしていることは解ったと思います。
水仕事の際の注意点を紹介します。

 

・洗い物のときはゴム手袋をつける
こうすることで直接水や洗剤を手につけなくていいため乾燥を防ぐことが出来ます。

 

・水を使った後はハンドクリームを塗る
そのまま放っておくと特に冬は乾燥した空気にさらされしまい、乾燥しやすくなります。
なので、水仕事の後はこまめに塗ってあげましょう。
こうするだけでもかなり乾燥を防ぐことが出来ます。

 

ハンドケア方法

ハンドクリームだけではスベスベの手は手に入れられません。
ハンドクリームは油分で手の水分を飛ばさないようにしているだけなので、水分を与えることは出来ません。
スベスベになるためには水分を補給してあげることが大切です。
簡単にケアできる方法を紹介します。

 

1、手の甲にティッシュをおき上から化粧水をスプレーする
こうすることで化粧水を浸透しやすくします。
スプレータイプがない場合は、ティッシュに染み込ませてから手の甲に置いてもOK。

 

2、ティッシュを指の間にも挟む
こうすることで指全体に行き渡られることが出来ます。
多少破れても大丈夫です。

 

3、袋をかぶせ手首のところで輪ゴムで止め3分放置
袋をかぶせることでさらに浸透させやすくします。
あまり長い時間やると化粧水が蒸発し始めて逆に乾燥してしまいます。
なので、時間には気をつけましょう。

 

4、取ったら保湿クリームを塗る
ティッシュを取ったら直ぐに保湿クリームを塗ってあげましょう。
そうすることでしっかり水分を閉じ込めることが出来ます。
絶対に忘れないようにしましょう。

 

この方法は片手ずつした方がやりやすいです。
この方法でスベスベの手になることが出来ます。
試してみて下さい。